イラストマップの製作

イラストマップの製作

作新学院大学様キャンパスのイラストマップです。もともとは2011年入学者向けの大学案内用に製作しました。クライアント様に気に入っていただき、その後いろいろな印刷物に使用されています。

弊社の場合、こういったイラストマップの製作は、Adobe Illustrator(アドビイラストレーター)というアプリケーションを使用します。

ひとくちにイラストマップと言っても…

イラストマップは、デフォルメされた温かみのある手描きのものから、精密な建築パースのようなものまで、いろいろな表現方法があると思いますが、今回は「正確さを保ちつつ、温かみのある」ものを目指して描きました。「描く」という表現を使うと、コンピューターに接続された「ペン」のようなものを使って絵をおこしていると思われがちですが、実際はマウスを駆使して描いています。

温かみのあるイラスト

「もと」になる下絵に正確なものを敷き、それを少しだけ太らせたり単純化させたりというデフォルメを加えながら、下絵をなぞって描いていきます。正確な下絵をもとにしているので、実際の建物の正確性は失われませんが、ちょっとしたデフォルメが絵に温かみを持たせます。
さらに、イラストの雰囲気を決めるのは「色」です。全体的に白を多く、淡い色使いにしたことで、柔らかい雰囲気に仕上がりました。

計算ずくのイラスト

建物の背景や手前など前後関係をしっかり計算しながら製作したので、完成後の修正やイラストの追加、また同じイラストマップのデータを用いながら違った見せ方なども可能になります。こういったことを考えずに描き進めると、あとで痛い目に合うのは描いた本人です。ただ頼まれたイラストを描くだけでなく、今後のさまざまな展開を想定してイラストのデータを製作することも大切になってきます。

1007_04x

1007_05x